県は11日、2019年度一般会計当初予算の各部局からの要求状況を公表した。要求見積額は総額6582億2800万円で、18年度当初予算額と比べ約48億円(0・7%)減少。社会保障関係費の増額が見込まれているが、完工が近づいた大型施設の整備費減額などにより、総額は微減となった。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。