第100回全国高校野球選手権記念青森大会は最終日の22日、弘前市のはるか夢球場で決勝が行われ、光星が6-4で聖愛を退け、2年ぶりの優勝を決めた。5年ぶりの甲子園出場を目指した聖愛は、五回にソロ、八回には適時打などで3点を挙げ2点差に詰め寄るが、粘り及ばず涙をのんだ。
※詳しくは23日付本紙紙面をご覧ください。