北朝鮮に拉致された可能性が否定できない特定失踪者・今井裕さん=1969年の失踪当時(18)、弘前工業高校3年=が自宅に残した生徒手帳の中に、五能線艫作駅(深浦町)周辺を描いたとみられる手描きの地図が折り込まれていたことが分かった。50年ぶりの新たな手掛かりとなる。今井さんが失踪した昭和40年代から50年代にかけては、北朝鮮工作員の密出入国が五能線沿線でも相次いでいた。失踪者の調査を行っている特定失踪者問題調査会(荒木和博代表)は20日、同駅周辺などで地図を基に特別検証を実施した。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。