近隣の環境に悪影響を与える可能性が高い空き家について、平川市は県内10市で初めて、空き家対策の方向性や法に基づく措置などについてまとめた「市空家等対策計画」を策定した。同計画でまとめた基本方針に沿って、適切な管理、有効活用の支援などに取り組むほか、改善の動きがない特定空き家に対しては指導、勧告のほか、市の代執行といった法的措置も盛り込まれている。
 同計画は14日付で策定され、22日に市ホームページなどで公表された。計画の期間は今年度から2020年までの4年間で、見直し後は5年間。市民の生活環境の保全を図り、空き家の有効活用と地域活性化を目指している。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。