昨年10月、県が津軽地域の自治体病院再編に向け、弘前市立病院と国立病院機構弘前病院の統合案を示してから間もなく1年が経過する。関係者により続けられている統合を見据えた協議は停滞の様相を見せ、いまだ合意への道筋、具体的な新中核病院の姿は見えないままだ。協議が長引けば、廃止の可能性もあり宙に浮いた状態の市立病院にさらなるダメージを与えかねず、今後の協議の行方に注目が集まる。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。