県は20日、2020年度当初予算案を発表した。一般会計の総額は前年度当初比166億円(2・5%)増の6816億円で、2年連続のプラス。財源不足を補う財政調整用基金の取り崩し額ゼロを維持し、4年連続の収支均衡予算となった。2年目を迎える県基本計画「『選ばれる青森』への挑戦」の推進事業には同16億円増の327億円を計上し、引き続き「経済を回す」視点を最重要視しつつ人口減少対策を加速させる。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。