県は業務改革の取り組みとして、リアルタイムで音声をテキスト化する議事録作成システムの実証実験を、来年度の導入を前提に昨年11月から行っている。人工知能(AI)を使ったシステムを活用することで、負担感が大きい録音記録の文字起こしを大幅に短縮・省力化でき、導入されれば職員の働き方改革の推進や県民サービスの向上が期待される。
【写真説明】議事録作成システムの実証実験の対象となった会議。出席者の発言がリアルタイムでテキスト化されていった

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。